3月11日


[2016.03.11]

震災から5年が経ちました。今日までの5年間でたくさんの方々の支援や応援を頂くことができここまでやってこれたと思います。

当初は私も含め、大半の方が人生で初めて経験する出来事だった事でしょう。

しばらくの期間、先の事も予想できなかったし、何をすることが一番いいのか正に手探りの毎日でした。

まだ復興の途中であり、風評被害も多少あります。もっと大きな被害を受けた方達も傷が癒える事は難しいと思います。

ですがこうして今日までやってこれた事は沢山の人たちの支えがあっての事であり、信じて付いてきてくれた先生達、そして皆様のおかげとしか言い様がありません。

これからの日本を背負う子ども達の、人生の第一弾としての場所である事に大きな責任を感じながら、これからも精進し続けて参ります。




戻る

このページのトップへ戻る