たちばな幼稚園沿革たちばな幼稚園沿革

たちばな幼稚園は、昭和30年に創立し、昭和40年福島県内で初めて学校法人幼稚園として認可されました。
昭和52年より東北で初めてオープン教育を、更に昭和56年より、体育指導を正課として取り入れました。

二つの教育の柱二つの教育の柱

オープン教育

文部科学省が定める領域を、1人の先生が1つ持ち、園児全員を指導します。
そのため全員の先生が、園児全員の名前を知っているため、アットホームな教育環境です。

体育教育

専門の体育教師により、週に一回体育指導を行っています。

特色ある教育特色ある教育

スイミング

コーチ指導の認定を受けた先生(元オリンピック強化選手)により、年長希望者を対象に、保育時間内にスイミングクラブにて指導しています。

たちばなスポーツクラブ

課外体育教室として、年中・年長混合レッスンを行います。
保育時の体育より少しレベルの高い内容で行います。

自由登園

毎月、第2・第4土曜日は自由登園日となります。
普段の保育では出来ない遊び(幼稚園全部を使ってのかくれんぼ、裸足での砂遊び等)やバスに乗ってお出かけなどをしています。

教育内容 教育内容 教育内容

このページのトップへ戻る